京野アートクリニック スタッフブログ

仙台と高輪にある不妊治療専門クリニック「京野アートクリニック」スタッフブログです。一般不妊治療では妊娠が難しい方のために、人工授精、男性不妊治療、体外受精や精巣内精子を使った顕微授精等、高度生殖補助医療の専門クリニックです。

カテゴリ: 秘書部門

こんにちは、秘書の阿武です。
皆様は初めての場所に行くとき、どのようにしていますか。今は、スマホで簡単に自分の居場所と目的地を検索していけますね。
私は、今でも道に迷います。ネットで、方向音痴を検索すると、方向音痴診断というサイトが出てきました。迷わず、診断を受けました。結果は、、、
「万年迷子」。やっぱり、、。人生も迷い、道も迷うか、と思わず自分で突っ込みました。 コウモリや猿は方向感覚を司るグリッド細胞を持つらしいです。この働きが弱いと方向音痴になってしまうとか、と書かれています。私が方向音痴なのはグリッド細胞とかいうものが弱いせいなのか?

先日、子供のスイミングスクール主催のバーベキューパーティーに参加してきました。
20171128_annno1

場所は葛西臨海公園です。子供たちが小さかったころ、何度か、水族館や遊園地に行った場所です。バーベキュー広場集合になっていました。バーベキュー広場には行ったことがありません。でも、葛西臨海公園には行ったことがあります。私は方向音痴です。事前にグーグルで検索して、ああ、道なりに進めばいいのね、と。
道なりに進みましたが、それらしきバーベキューをしている人々が見当たりません。あ、やってしまった!!「万年迷子」は、これは人に聞くのが一番!と経験から思いましたが、この広い葛西臨海公園、道をきけそうな人に会えません。結局入り口付近まで戻り、近くの売店で、すぐ横の道を行けばいいと教えてもらいました。大汗かいて焦って何とか、乾杯に間に合い、おいしいお肉、野菜、お餅を食べて、その後海辺でドッジボール大会と楽しい時間を過ごしました。
20171128_annno2

最後に、スタッフから言われました、「帰る道迷わないでね!」
(高輪秘書 阿武)

こんにちは。高輪で秘書をしております、佐藤です。

はにーびーさん(サイト)という無農薬・有機野菜宅配専門店さんをご紹介させていただきます。
私は、はにーびーさんから 定期的にお野菜を宅配してもらっています。
はにーびーさんのニンジンを味見させていただき、そのニンジンの香りや味の濃さに感激して
 定期宅配をお願いするようになりました。

はにーびーさんは おかげさま農場さん(サイト)のお野菜を送ってくれます。
そのおかげさま農場さんでは 「食は命」という考えのもと、非常にこだわりをもって 地球の自然の土の力を信じ、
化学肥料や農薬を使わない「自然栽培」などと呼ばれる方法でお野菜を作ってくださっています。

私は 以前は あまり自分の食生活に気を使うことがなく
農家さんや食べ物に関わる人たちのことを考えたことがありませんでした。
でも こうやって 作ってくださっている方の顔が見える形で買い物をするようになり
感謝の気持ちを持って お料理をし 食べるようになりました。

宅配のお野菜セットは その時の旬のお野菜が 段ボールにたっぷり入ってきます。

はにーびー


時には 普段買わないようなお野菜に出会うこともあり、
おかげで そのお野菜を どうやって食べるのかを調べることになり
お料理のレパートリーが増えてきました!
もともと 送られてくるお野菜が すごくおいしいので
 どんなお料理をしても すごくおいしく出来上がって、自分のお料理の腕が 上がったのかと思ってしまうくらいです。

お仕事などで 毎日忙しく お料理をする時間がないという方も多いかと思います。
私も 毎日 しっかりお料理をして バランスの取れた食事が 毎食取れているわけではありません。
でも 忙しくて 食生活がおろそかになりやすい方こそ
おかげさま農場のお野菜のような、自然の本来の力が作り上げた栄養満点のお野菜を
毎日 少しでも召し上がっていただくようにしていただくと よいのではないでしょうか。

はにーびーさんには お試しセットもありますので
興味がある方は、ぜひ 一度お試しセットを注文してみてください!
絶対に お勧めです!

高輪秘書 佐藤愛 

みなさま、こんにちは。仙台で秘書として勤務しています、小野寺です。
あっという間に1年が過ぎ、1月になりましたが、この時期は抱負や目標について新たに考え直す機会も多くなりますよね。

私の2016年を振り返ってみますと、年が全く違いますが出身校が同じタカマツペアの五輪金メダルの瞬間を、8月に深夜に学校の講堂PVで応援し歓喜したところから、ツキと粘りのご利益をもらえたような年だったと思います。

当院では医師をはじめスタッフ全員が皆様により良い医療を提供できるべく、国際学会への参加や院内勉強会の企画など、いろいろな面から「challenge」しています。私の所属するのは事務部門であり患者様に医療的に直接関わる部門ではありませんが、私も何かchallengeしたいなあと思っていました。

たまたま昨年、しばらく自主的に勉強していた検定の合格からいろいろとさらに学びと出会いの幅が広がったことで、とあるコンペに応募することができました。これは指定された特許を使ったビジネスのモデルを考えるもので、普段の業務とまったく関係のないものでしたが、無理そうな課題に取り組む経験はきっと役に立つと思って、まずは締切までにエントリーすることを目標にしました。

残念ながら入賞は叶わなかったものの書類が通過して最終組に残り、年末に審査会場でプレゼンする機会をいただくことができ、なんとか、取得した検定の協会に発表活動の業績として、形を残すことができました。しかしながらこれは、それ以上に、チームとして一緒に出てもいいよ、と忙しい中アドバイスをくれながら組んでくれる方がいたからこその結果で、チームっていいなあ、すごい人に組んでもらえて良かったなあと、身にしみて実感した大変思い出深い経験となりました。
発表タイトル:「高強度と高耐食性を有するアルミニウム合金材及びその製造方法」技術の可能性 —カーボンミニマム型循環・マッチング市場の算出と検証—

業務を通じて考えると、クリニック全体で目指している皆様の妊娠・出産に、チームの強さが生かせるように連携や調整の面からより良い方法、仕組みを考えていけたらと思っています。これからも、少し難しいかなという課題に挑戦していくサイクルを持てるようにして、組織全体としての長所が最大限活かせるような基盤づくりに貢献できるよう、邁進いたします。皆様にとって、今年が良い年となりますように。

仙台 秘書 小野寺 

秘書の大沼と申します。

猛暑もやっと落ち着き、ちょっと遠くまでドライブをしたい季節になってきましたね。

神社仏閣めぐりが趣味の方も多いのではないのでしょうか。

私も趣味というほどではないのですが、気が向いた時にドライブがてらお参りに行っています。そして最近はその際にご朱印帳にご朱印をいただいて来ることにしています。

 

ご朱印は、神社やお寺の方が筆で参拝日や社寺名を書いたり印を押してくださりと、それぞれに特徴・個性のあるもので、いただいたご朱印を見ているだけでも楽しい気分になりますし、お参りの記録にもなります。

ご朱印帳もまた、オリジナルのものを用意している神社やお寺があるようです。

神社やお寺のご朱印は別にしたほうが良いとのネット情報により、私も出羽三山神社(山形県)と中尊寺(岩手県)2冊のご朱印帳を持っています。

 

まだご朱印をいただくようになってから日が浅いのですが、私がいただいたご朱印の中で特にお気に入りが、板橋駅すぐ近くにある烏森神社のご朱印です。出張で東京に行った際にお参りしたのですが、おまけの栞と飴と一緒に、とてもカラフルなご朱印をいただくことが出来ました。この神社は、特別な日には特別なご朱印をいただくことが出来るそうなので、近くにあったら何度も行きたい場所です。

 

そんな私が今一番お参りしたい神社は栃木県の古峰神社です。今年のゴールデンウィークに日帰りで栃木旅行を計画したのですが、渋滞に巻き込まれて断念してしまった無念の場所です。ここのご朱印は、一緒に天狗の絵を描いてくださるそうなので、今度こそお参りをして記念にいただければと考えています。

 

結局のところ目的がお参りなのか、はたまたご朱印をいただくことなのか、もはやわかりませんが、出不精の私の重い腰を上げるのに一役買っているので良しとしています。

 

皆さんも神社やお寺へのお参りの際に、記念としてご朱印をいただいてはいかがでしょうか。


秘書 大沼


12

皆さまはじめまして、秘書の葛野です。
今回は秘書の仕事についてお話いたします。

当院秘書の主なお仕事としては、理事長やスタッフのスケジュール管理、
論文執筆・投稿のお手伝い、会議資料の作成、出張申請手続き、
同意書やセミナー冊子、チラシ類や院内掲示物の改変管理や印刷、
ホームページの更新、院外の業者さんや先生方との連絡、学会準備などなど、
院内の運営が円滑に回るための業務になります。

患者様とお話する機会は残念ながらほとんどございませんが、
間接的な形でお力になれればと思っております。

職場においても私生活においても、大変な時こそ、つらい時こそ自分に言い聞かせることは
Be happy with what you have.(今持っているものに感謝すること、大切にすること)。
決して現状で満足せよとの事ではなく、その辛さも大変さも生きているから味わえること、
悩めることに感謝、揉まれる環境に感謝。そう言い聞かせています。

治療を続ける中でも思うようにいかないこともあるかと思います。
でも、治療を受けられる環境にいること、
きっとすべての事に意味があると受け止める事も大事なのかな、なんて思います。
・・でもそんなのは理想論ですよね。
患者様ご本人にしかわからない苦しみや悲しみもたくさんあるかと思います。
そんなときは周りの家族や友人、当院スタッフに頼って
一人で抱え込まないでいただけたらなと思います。

そんな私の好きなことは、食全般です!
食べる事(メイン)、作ること、料理番組を見たり食材を買いにいくのも大好きです。
就寝前に考える事といったら翌朝は何をたべるか、です。食いしん坊みたいですね^^ 
息詰まってしまった時こそ、たくさん食べて、体を動かしてリフレッシュします。

一生懸命向き合い、一生懸命休憩する。

みなさまにとってよい結果が待っていますように。

秘書部 葛野

わたしとMadonna

蒸暑い毎日が続いていますが、みなさまお元気ですか、世の中は節電一色ですがリラックスできていますか?
地震に関連したお話が続いていましたので、今回私はちょっとカジュアルに音楽についてつぶやいてみたいと思います。

音楽はお聴きになりますか?
私は学生の頃は真面目にほぼクラシックだったのですが、数年前からピアノソロを始めとする楽器の音だけでは何処か物足りなさを感じ、メッセージのあるポップス(今流行の日本ポップスではなくもっぱら洋楽)ばかり聴いています。
みなさまもきっとお気に入りのアーティストがいらっしゃるでしょうが、私はMadonnaが大好きです。歌だけでなく彼女の生き方、あのキャリアやポジションを維持するために日々自分に厳しく努力を重ねているんだと思いますが、30代よりも40代、そして40代よりも今の50代、よりパワフルによりしなやかに、音楽以外にもチャリティ活動をしたり、と思えば子供向けの絵本を書いてみたりとさまざまな方面に才能を開花させ、今を確立している彼女にいつも憧れています。
とは言っても実はMadonnaの良さがわかったのはここ数年です。私が中学生ぐらいから既に彼女はMichel Jacksonに並ぶ世界的スーパースターでしたが、その頃はただセクシーを売りにしている歌手という認識で、彼女の本当の凄さも歌詞の持つメッセージ性も解らず、ちっとも興味はありませんでした。ここにきて彼女の歌詞が解るようになったのは、きっと自分自身が大人になった(言い換えれば歳を取った)ってことなんだな、と思っています。
今まで辛い事があったとき、そして3月の地震で満足に食べられずお腹は空くし、交通が途絶え、来るか来ないか分からないバスを凍えそうな寒さの中待っていた時も、彼女の歌は私を励ましてくれていました。

Madonnaの他にも歌唱力はもちろんタフで美しいBeyonce、キュートだけどアウトロー的なAvril Lavigne、男性アーティストでは最初はルックスから入ったものの、ダンス&人柄もピカイチのJustin Timberlake、そしてなぜか時代がズレますが、Billy Joel(彼は日本人歌手で言うと谷村新司とか堀内孝雄?にあたるんでしょうかね??)なども彼が抱く女性へのリスペクトはロマンチック且つ普遍的に感じられて好きです。実際、彼らの歌詞から学ぶことは多く、非常に共感を覚え、音楽を聴いている瞬間は良い意味で現実逃避しています!
マドンナほどサクセスフルで格好良く生きることはまずできませんが、同じ女性として少しでも近づきたいな、と日々思っています。彼女はいつまでもmy goddess であり続けるでしょう!!

私の好きなアーティストそれぞれ一番のお気に入りの曲です。興味ある方はYouTube等で聴いてみてください。
・Jump (by Madonna)
・Deja Vu (by Beyonce)
・My Happy Ending (by Avril Lavigne)
・Love Stoned (by Justin Timberlake)
・She’s Always a Woman (by Billy Joel)

それではみなさま、夏に負けず、たまには良い音楽からパワーをもらって過ごしましょう!
秘書 楢崎

初めまして。秘書の佐藤です。京野アートクリニックに入職して、あっという間に1年になろうとしています。この機会に、この1年間行なってきた秘書の業務についてつぶやきたいと思います。


秘書は、直接的に患者様と接する機会がほとんどありません。この1年間で、数回、英語通訳の必要だった患者様へのサポートを行ったことがありますが、それ以外は廊下ですれ違う時にご挨拶する程度でした。

しかし、1日でも早い皆様の妊娠、そして出産のために、とても間接的な形ではありますが、ご支援させていただいております。例えば、待合ホールにある掲示物の更新、各問診室で皆様にお配りしているご案内などの用意、ARTセミナー・一般不妊セミナーの冊子の用意、ホームページの簡単な更新、輸入薬購入手続きのお手伝い、メールにてお問い合わせがあったときの対応(時々)等です。

それ以外は、診療の行われていない5Fで、理事長のスケジュール管理、出張準備、学会発表・論文執筆のお手伝い、全体会議(全体ミーティング:月に2回、水曜日の午後休診の日に行っています)での司会進行、倫理委員会のお手伝い、最近は学術講演会の準備・運営・・・・など様々な業務に携わっています。また、外来が忙しい日などには、受付部や看護部の業務でお手伝い出来ることを見つけて、協力をすることもあります。100年以上にわたって皆様から信頼され、愛されるクリニックを目指し、いろいろな方面で頑張っています。


ところで、話題をガラっと変えますが、先日、電子ピアノを買いました。私は小さい時から、音楽をやっていて、米国認定音楽療法士としての資格を持っています。『即興 (improvisation)』というのを聞いたことがありますか?音楽療法で使われるテクニックの一つでもあるのですが、簡単に言うとアドリブと呼ばれるもので、もともと誰かが作曲した曲を演奏するのではなく、その場その時で音楽を作り上げる、というものです。ピアノを習ったことのない人、ピアノを習っている人、習った経験がある人皆さんとって、楽譜なしでピアノを弾く、なんて恐ろしいことのように思えるかもしれませんが、一度やってみるととっても楽しいものなのです。間違った音なんてありません。自分が好きなように、好きな音を弾いて、自分だけの音楽を作り上げるのです。子供の頃に一人で、人差し指でポロン、ポロンと音を鳴らして遊んでみたことがあると思いますが、そんな本当に気軽な気持ちで楽器と向き合い、その時その時の気持ちで音を楽しむ、ということです。

なぜかそんな楽しいことを、大きくなるとしなくなるものです。これは、音楽だけではないと思います。絵画でも、工作でも、幼かった頃は、自由な気持ちで、後のことを考えずに楽しむことができました。でも、なぜ大人になると「何かを作り上げることを楽しむ」ことが難しくなってしまうのでしょうか。

この1年間、ほとんど音楽をせずに生活してきました。でも、これからは音を楽しみながら生活をしていきたいなあと思っています。皆さんもたまにはいかがですか


秘書 佐藤愛


このページのトップヘ