京野アートクリニック スタッフブログ

仙台と高輪にある不妊治療専門クリニック「京野アートクリニック」スタッフブログです。一般不妊治療では妊娠が難しい方のために、人工授精、男性不妊治療、体外受精や精巣内精子を使った顕微授精等、高度生殖補助医療の専門クリニックです。

事務部門

節分追儺式(豆まき)(高輪事務 尾山)

こんにちは。高輪事務の尾山と申します。
普段は、院内の維持管理や事務手続きなどを担当しておりまして、みなさまとは直接お目にかかることは少ないのですが、ついに、つぶやきデビューとなりました。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年の節分は、2月3日。節分というのは各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことで、特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多いそうです。
昔から、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、豆まきは、この邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある。
ということで、
私は、神奈川県横浜市の曹洞宗大本山總持寺の節分追儺式に行ってまいりました。

こちらの豆まきは、屋外ではなく、大祖堂という大きなお堂の中で執り行われます。
10時開場、12時から法要、12時30分豆まき開始、というスケジュールで、
畳敷きのお堂の中、2時間ほど足の痺れと格闘しながら、約2,000人が開始を待っていました。
法要のあと、福豆をまくのは、お坊さんの他に、年男・年女、さらにはスポーツ界・芸能界からゲストが・・・。
一般参加者は、豆を拾いながら、ゲストの写真を撮るというわけです。
 
豆


そして、豆まきの後にはお楽しみ抽選会もありました。
ゲストからの賞品と当選番号の発表に、私もワクワクしながら待っていたのですが、
残念ながら当選とはなりませんでした。
とはいえ、大祖堂内での厳かな法要、楽しい豆まき、ドキドキの抽選会、
なんだかとても晴れやかな気分で帰途についたのでした。
福豆もしっかりゲットしてまいりました。

写真ですが、みなさまにもお福分け。
今年一年みなさまが幸せでありますように。


高輪事務 尾山佳代子

「音楽を聞かずに」ランニング(高輪 事務部 越智)

こんにちは。事務部の越智と申します。
仕事柄、運動不足に陥りやすく、日々トレーニングをすることにしています。

ランニングや水泳のような負担が少なく、継続しやすいものが好きです。始めたころはなかなか継続できなかったのですが、ここ3年ほどは継続できるようになりました。

きっかけは、早朝に「音楽をきかずに」ランニングをすることでした。

早朝のランニングでは、いろいろな音が聞こえてきます。
早くから活動を始めている家の音や、風の音、川の音、車のエンジンが付く音、
また、耳が自由になることで、景色の見え方も変わってくるように思います。

全身で季節の移り変わりを感じながらトレーニングできるようになり、
それが気持ちよくて、どんどん頻繁に行うようになりました。

健やかな体づくりには、楽しんで続けていくことが大切ですよね。
自分にあった楽しみ方をぜひ探してみてください。

高輪 事務部 越智

おいしいケーキ屋さん(仙台 事務部 小野寺)

みなさま、こんにちは。事務の小野寺と申します。
寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は当院(仙台)の近くにあるケーキ屋さんについて書かせていただきたいと思います。
当院は仙台駅から徒歩数分のところにありますので周りにカフェやお菓子さんがたくさんありますが、私のおススメは宮町というところにあるパティスリーミティークというお店です。
お店の案内では仙台駅から徒歩7分とありますが、当院からも大体同じくらいの距離です。
東六番町小学校の向かい側にあるアンティーク調の外観の可愛らしいケーキ屋さんです。

こちらのお店は2階にカフェスペースがあり、1階で販売しているケーキや数量限定のデザートプレートがいただけます。
以前食べたデザートプレートはきれいな飴細工がのっていて、食べるのがもったいないくらいでした。写真をとっておけばよかったなと思います。
本格的なエスプレッソや3Dラテアートも楽しめます。
ホームページにケーキの写真がのっていますので、ご覧になってみてください。
私のお気に入りはミロワールショコラというケーキです。
見た目はシンプルですが、かわいくて…食べてみると思わず声が出ちゃう感動的なおいしさです。他のケーキも甘いだけじゃなくて酸味や苦みのバランスがとても良く、本当においしいものばかりです。

こちらではオーダーメイドケーキを作ってくれるみたいなので、いつか誕生日などイベントのときにお願いしたいなと思っています。
ぜひ一度、召し上がってみて下さい。


Patisserie MythiQue(パティスリー ミティーク)
宮城県仙台市青葉区宮町1-1-69

備えあれば。(事務部 及川)

事務長の及川と申します。
直接的には診療に関わりませんが、設備の管理などを行っております。

12月11日は京野アートクリニック高輪の停電時設備点検を行いました。
京野アートクリニック高輪は2011年に発生した東日本大震災を教訓に計画停電が起きたとしても診療できる体制づくりをコンセプトに2012年に設立し診療にあたっております。
今回は実際停電となった場合の確認を含め、入居ビルの停電に合わせて実施しました。当院は、ビルが停電となっても自家発電を有しているため、電気の供給が可能です。
電力量には制限があるため、クリニック全体を稼働することはできませんが、受付、検査室、内診室、問診室は診療可能な体制で、もちろん、OPE室や培養室は通常時と全く同じ状態を保つことができます。
2011年の震災時も京野アートクリニックは事前の震災対策のおかげで、大きな被害を免れました。当院は特に受精卵や卵子、精子をお預かりしておりますので、震災や停電対策には万全を期しております。

今後も安心して治療を受けていただける体制づくりを目指してまいります。

事務長 及川 清貴

 oikawa1

oikawa2


事務のお仕事(事務部門 及川)

いつも京野アートクリニックにご来院いただきまして誠にありがとうございます。
朝晩はめっきり寒くなりましたが、体調等崩されていませんでしょうか。

診療部のつぶやきが続きましたので、今回は事務の仕事についてつぶやきたいと思います。
事務と聞くと皆様は受付のカウンターで接している方と思われるかもしれませんが、
当院ではもう一つの事務部門がございまして、私はそちらに属しております。
仕事としては、外部業者(検査、薬剤、機材)との調整や応対ですとか、定期点検の実施などを行っております。また、一部分のカーペットが汚れてしまった場合は張り替えたりと事務というより修理担当に近いかもしれませんね(素人ですので、医療機械はプロにお任せですが・・・)
その他にも雑誌掲載を始めとした広報活動や学会準備、院内の全体的な調整と全体会議の準備など多岐にわたる業務を担当しており、主に理事長をはじめ医師のサポートをする秘書部門と連携しながら、クリニックを縁の下から支えるような業務を行っております。診療とは直接的に係らない部分ですので、皆様とお会いする事はとても少ないですが、そんな人も働いているんだなぁと思っていただければ幸いです。

話しは変わりますが、 「もしドラ」とう本をご存知でしょうか。今や100万部を超える大ベストセラー「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」というとても長いタイトルですが、「もしドラ」と略され様々な本屋さんで平積みになって置かれています。ドラッカーの「マネジメント」自体は実用書ですので、好き嫌いが分かれるものかもしれませんが「もしドラ」は小説ですので、ひとつの物語としてお読みいただけるものかと思います。

ドラッカーの提言のひとつに、あらゆる組織の人間が仕事について『共通の価値観と目標』をもつことが重要である事が記されています。
我々の共通の目標はもちろん皆様の妊娠・出産です。各部署、我々事務方も一丸となって目標に向けて精進しておりますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

事務部 及川  

明けましておめでとうございます(事務長 堀)

明けましておめでとうございます。事務長の堀と申します。本年も京野アートクリニックを宜しくお願いいたします。

当院は平成19年3月1日に仙台市に進出し、あっという間に2年が経過しようとしています。電子カルテ・完全予約システム・HP大幅リニューアル・最新医療機器と技術・院内PHS運用・クレジットカード決済などの導入を開院と同時に行い、開院当初は、患者さまに対して電子カルテ等のトラブルでお待たせする事が何度かありましたが、現在は日々、業務の効率化を常に話し合い、積極的に学会へ参加し、新しい技術を習得したり、当院の実績を発表しています。今後も接遇マナー研修等を頻繁に行い、患者さまへのサポート体制を充実させ、年中無休診療・各部門のスタッフ増員(クリニックの拡大)を継続して100年以上続くクリニックを目指します。

私自身は、開業準備期間(古川時代)から勤務しています。なかなか患者さまと接する機会が少ないのですが、設備の充実とスタッフ教育、リラックスできる院内環境の整備に努めています。スタッフを支え、その結果が患者さまへ伝わっていただけば良いと常に考え、いつも行動しています。

具体的な業務としましては、経営管理・財務税務処理・人事労務管理・取引業者対応・設備のメンテナンスなど多岐にわたります。(なかなかハードです)

特に仙台開院時の経営計画作成・役所申請・スタッフ採用・医療機器の選定・設備工事打合せは複雑で大変でした。しかし、2月に開院の目途が立った時には、ホッとしました。そして、開院当日は待合ホールでスタッフ一同記念撮影をしましたが、感動で胸がいっぱいになった事を今でも思い出します。

今、あらためて仙台駅前に進出し開院できた事を良かったと感じています。以前、古川のクリニックの方が利便性が良かった患者様には申し訳ありませんが、やはり専門に特化した生殖医療施設は好立地で通院しやすい事が必要であると考えております。現在、東北はもとより全国各地から、患者様に足を運んで来ていただいています。また、お子さまを望まれる患者様の力になる為には、どうしたら良いのかを当院のスタッフは常に念頭において働いています。ご意見BOX・患者様からのアンケートに関しても随時、議論をして、必要な場合には、フィードバックをしています。(今後も色々とお気づきの点がありましたらご指摘ください)

今後、生殖医療施設は登録施設数が多い事や設備基準等のハードルが上がり、審査機関から厳しく審査される事が予想されており、自然淘汰されていくものと考えております。当院は、今後も世界トップレベルの技術・高度な設備基準を維持(拡大と新規取得)し、スタッフ教育(資格取得)等を積極的に行います。全国でも数が少ない男性・女性ともに診療できるART専門施設として、日々研鑽を重ねてまいりますので、今後も宜しくお願いいたします。


年初という事で力が入りました。このような『つぶやき』もありでしょうか。
次回、私がつぶやく時には、思いきりつぶやこうと考えていますが…
スタッフが増えているので、次回が何年後になるのか…

上記の理由により、もう少し、『つぶやき』ます。お付き合いください。

私の出身は、山形県酒田市です。夏は非常に暑く(海が近いのが、救いです)、冬は風が強く地吹雪で通勤・通学が大変です。私は、実家を離れて15年が経過しました。(年齢がばれてしまう)この時期になると、実家を思い出し『寒鱈汁』が恋しくなります。(秋は、庄内地方独自のみそ味で豚肉や里芋の入った芋煮が美味です)食すると、本当に体の芯からあたたまります。今年(2009年)は、1月24日(土)、25(日)の2日間、『酒田日本海寒鱈まつり』がおこなわれます。とても寒い所ですが、冬の味覚を味わってみてはいかがでしょうか。冬は体があたたまるまで、時間がかかります。温かい料理を食べて、体を元気に、気持ちも元気に前向きにしていきましょう。本年も皆さまが、新たなしあわせ『幸』がたくさん増えることを願い、新春『つぶやき』とさせていただきます。


第22回 酒田日本海寒鱈まつり
http://www.sakata-kankou.gr.jp/matsuri/kandara/index.html


                               事務長 堀 浩己
最新記事