こんにちは、培養部の松川です。

ここ最近、仙台市内もようやく春めいてきました。
新年度に向けて何かと忙しい時期ではありますが、皆様体調は崩されていませんか?

先日のつぶやきでもありましたが、お肉を食べるとなんだかパワーが出たり、幸せな気分になったりすることがありますよね。
私も、おいしいお肉は大好きです(笑)。

実は科学的な理由があり、肉に含まれるトリプトファンというアミノ酸の一種が、"セロトニン"、別名 "幸せホルモン" と呼ばれる神経伝達物質を増加させるそうです。

セロトニンはノルアドレナリン、ドーパミンと並んで三大神経伝達物質と言われており、セロトニンには脳神経や自律神経に働きかけ「明るくて幸せな気持ち」にする作用があるそうです。

☆落ち込んでもすぐに気持ちを切り替えて前向きになれる作用
☆不安を失くし強い精神力を作り出す作用
☆寝つきをよくして朝すっきりと目覚める作用   etc...

このセロトニンの原料となるトリプトファンというアミノ酸は、必須アミノ酸と呼ばれ、人間の体内では合成できないため、食べ物から直接摂る必要があるそうです。
肉以外にトリプトファンを多く食品としては、豆腐・納豆・大豆・味噌などの豆製品、ごま・アーモンド・落花生・くるみなどのナッツ類、牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品、卵、赤身魚などが挙げられます。
これらの食品を積極的に摂取してみるのもいいですね。

また、セロトニンを増加させる方法として、食事以外にも、以下のことも効果的とされています。

☆太陽の光をあびる
☆規則正しい睡眠を心がける
☆ウォーキングや自転車などの単純なリズム運動を行う

皆さん、ぜひ試されてみてはいかがでしょうか?
セロトニンの力を借りて、これからの新しい季節をHappyに乗り切りましょう!

仙台培養部 松川望