こんにちは。
仙台培養部の中條と申します。

今回は「南部鉄ココット」について。
鋳物鍋は、熱の伝わりにムラがなく、長い時間煮込んでも鍋に匂いが付かず汚れも落としやすいのが特徴で、保温性にも優れていてじっくり火が通って食材の味をストレートに味わうことが出来ると言われております。
ル・クルーゼやストウブなどが有名で、使われている方も多いのではないでしょうか。
今回紹介するOIGENの南部鉄ココットは純国産で、岩手県奥州市で作られています。
 
ヨーロッパ製のカラフルな鋳物鍋とは違い、シンプルな黒ですが、私が使っている南部鉄ココットは手の平サイズの小さいものであることもあり、可愛らしいフォルムも気に入っています。
もう一品欲しいなというときや、ひとりご飯タイムにお勧めです。
最近は南部鉄ココットで炊くご飯が美味しくて、炊飯ジャーの出番が減りました。
手入れに多少の手間はかかりますが、そこもまた愛着がわき、離れられない存在になります。
もっと大きいもの、フライパンや他の製品もあるので、いくつか揃えてみたいなと思います。

そして、南部鉄器で鉄分が補給できるとも言われているのはご存知でしょうか。
鉄分不足は、女性の貧血のもとになるなど、悩んでいる方は多いのではないかと思います。
いままで使っていたヤカンなどを南部鉄のものにするだけで、生活習慣などは何も変えずに貧血を予防できるので、人気があるとも言われております。
水道水を南部鉄瓶でカルキ抜きすれば、鉄分もたっぷりの体にいい水の出来上がりです。
ミネラルウォーターよりも栄養があると言われておりますので興味のある方はお試しいただければと思います。

美味しい料理を作って、おうちごはんを楽しんでください。
暦上は大寒を過ぎ、春に向かっているとはいえ寒い日が続いておりますので体調に気を付けてお過ごしください。

(仙台 培養部 中條)

20170124nakajo01

20170124nakajo02