こんにちは、生殖心理カウンセラーの菅谷典恵です。
今回は社会的卵子凍結(妊娠する可能性の温存のために、自ら希望して未授精の卵子を凍結しておくこと)について臨床心理学的に考えてみたいと思います。

当院は、社会的卵子凍結を実施している数少ないクリニックのうちの一つです。
社会的卵子凍結については、様々な賛否があります。


「実際に使用するかわからない卵子を凍結するために、
採卵のための針を身体に刺すことは問題があるのではないか?」

「30代前半までなど、年齢に区切りをつけた方がよいのではないか?」

等のいろいろな意見があります。

医学的には確かにいろいろなリスクがあります。
どういったところにあるかと申しますと、卵子を凍結するためには、

1 卵巣刺激:排卵誘発剤を注射して卵巣内に複数の卵胞を育てる
2 採  卵:卵巣に針を刺し、卵子を回収する

というプロセスが必要です。
このプロセスに、排卵誘発剤の副作用や、採卵をする際の腹腔内(お腹の中)出血のリスクの問題など、可能性は低いと思われますがクリニックとして説明しなくてはいけない事柄がたくさんあります。
果たしてその危険を冒してまで卵子を凍結する意義があるのか?といわれるのも当然だと思います。

生殖心理カウンセラーの立場で、社会的卵子凍結をされた方々のお話をお聞きして感じるのは、自己決定をした満足感を持たれているということです。

子どもを産みたいと思っているがパートナーが現れず焦ってしまう、そんな今、今後子供を持つためにできることをしておきたいという気持ちを持った方が、卵子を凍結できたことでほっとしたような安心感を持たれます。

臨床心理学では、社会通念に縛られ過ぎることのない自己実現を大切に考えます。
その行動が自分のためになっているかということで考えると、社会的卵子凍結が自分自身の効力感につながるものならば、十分に意義のあることと考えられます。

もちろん前述の採卵のリスクや、妊娠までの厳しい確率、実際の出産のリスクなども十分に理解していただいてからの実施になります。
迷われている場合はお勧めしません。

迷う気持ちはいつでもお聞きし、お考えを整理する場を提供します。

卵子を凍結された後は「京野アートクリニック高輪に私の卵子が待っていてくれる」という安心感とともに、パートナー探しを頑張っていただきたいと思います。

卵子凍結後の心理的サポートも行っています。

「パートナーを見つけるにはどうしたら良いか?」

「パートナーに卵子凍結のことをどのように伝えたらいい?」

「パートナーに顕微授精の説明をしてほしい」

「パートナーが見つかっても、凍結卵子を使う以外の妊娠の方法もある?」

などいろいろなご相談があります。
一人で決めなければいけないわけではありません。
迷われている段階では、カウンセリングのみご利用いただくことも可能です。

もちろん卵子の凍結をお勧めする立場ではありません。

カウンセラーは、クライエント(お話しをする方)の心の鏡になる役割を務めます。
ご自分の気持ちをカウンセラーに映して、ご自分の気持ちを確認していただきたいと思います。

以上、思いつくままに述べてみましたが、臨床心理学的な考察としてはご自身の自己実現を応援します。
自分自身の納得・満足の気持ちを大切に、毎日を過ごしたいですね。

生殖心理カウンセラー 菅谷