京野アートクリニック スタッフブログ

仙台と高輪にある不妊治療専門クリニック「京野アートクリニック」スタッフブログです。一般不妊治療では妊娠が難しい方のために、人工授精、男性不妊治療、体外受精や精巣内精子を使った顕微授精等、高度生殖補助医療の専門クリニックです。

2017年10月

お会式(高輪受付 橘)

10月12日に大田区池上、日蓮宗本門寺のお会式に行ってきました。

本門寺では、日蓮さんを偲ぶ法要が毎年10月11~13日に行われています。
特に賑やかなのは12日で、全国各地から信徒さん達が団体毎に集まります。纏を振る人を先頭に団扇太鼓を叩き笛を奏でお題目を唱え、万灯を掲げて街中を練り歩きながら本門寺へお参りします。その列は賑やかで、最初に見た時は夏でもないのに何のお祭りかと思いました。

先頭の纏はTVでしか見たことがありませんでしたが、お会式では動かしているところを見る事が出来ました。上手な人は、纏の房を綺麗に円形に広げて拍手を送られていました。
万灯は、灯篭を中心に紙で作った桜をつけた枝で飾り、人が担いだり押し車に乗せて運ばれていました。灯篭のデザインやそれを照らす電飾にも個性があり、見飽きることはありませんでした。

お会式が終わるとすぐ11月になります。寒さが増しますのでどうぞご自愛ください。

(高輪受付 橘)

果物狩り(仙台看護部 佐藤)

みなさん、こんにちは。
仙台看護部の佐藤と申します。

短い秋ももう終わりを迎えようとしています。
あっという間ですね。
運動とか読書とかどれもあまりしない私ですが、秋らしいことといえば少し前にぶどう狩りに行きました。

岩手県一関市にある農園です。
市街地から離れているせいか日曜だというのに空いていました。
いろいろ種類はありましたが、その時食べ頃だったのがアーリースチューベンという種なしのぶどうでした。

20171024_satokanako_1
20171024_satokanako_2

時間制限ではなく採った分量り売りでした。
こんなに食べれるかなというくらい持ち帰りました。
家に帰り早速食べるととても甘く、しかも種がないということでパクパク食べれちゃいました。
無駄にすることなく完食です。
こんなにぶどうを食べたのは初めてかもしれません(笑)

初夏には山形にさくらんぼ狩りに行きました。
宮城にもいちご、梨、りんご、ブルーベリーなどまだまだたくさん果物狩りがあるので、機会をみつけて行ってみたいと思います。
(仙台看護部 佐藤)

謎解きのすすめ(高輪受付部 小野寺)

こんにちは。
高輪受付部の小野寺桃子です。

今回は、私がここ数年はまっている、リアル脱出ゲームや謎解きイベントについてご紹介したいと思います。
20171017_onoderamomoko
脱出ゲームとは、密室からの脱出を目指して様々な謎を解いていくゲームです。
最近ではスマートフォンのアプリなどでやったことのある人も多いのではないでしょうか。
リアル脱出ゲームはそれをパソコンやスマホの画面上ではなく、実際の部屋や会場で行うというものです。
5-6人のチームで、広めの会場で数組同時に行うものもあれば、小さめの部屋で10人1組で一緒に脱出を目指すものなどもあります。
テーマも様々で、ゾンビが徘徊する病院だったり、幽霊船だったり、晩餐会だったり、雰囲気を味わうだけでも結構楽しいです。
ただ、これがかなりの難易度で、私はいつも制限時間切れになってしまい、いまだに脱出できたことはありません・・・。(終了後にちゃんと解説があるので、悔しいながらもすっきりして帰れます)

また、謎解きイベントもいろいろあります。
私が参加した中だと、東京メトロ1日乗車券+謎解きで東京中を巡ったり、ホテルの宿泊+謎解きでホテルのいろいろな場所を探索したり、遊園地のチケット+謎解きで遊園地内を周ったり、閉園後の遊園地を貸し切って行なったものもありました。
やはり全ては解けない事も多いのですが、それでも解けた時の達成感や、非日常の体験が楽しくて様々なイベントを探しては行っています。
謎解きが得意でも苦手でも楽しめますので、よろしければ一度参加してみてはいかがでしょうか。
(高輪受付部 小野寺)

●●な秋(仙台看護部 服部)

こんにちは、仙台看護部の服部百恵です。
朝、晩はすっかり涼しくなり、虫の鳴き声から秋を感じられます。
家の周辺では稲刈りも始まりました。

秋といえば、食欲の秋・スポーツの秋・読書の秋ですね。
今回は最近興味をもっているボルダリングについてお話させて頂きます。

2020年の東京オリンピックで野球や空手、サーフィンなどとともに追加種目になることが決定しています。
クライミングジムが増え始めボルダリングを楽しんでいる人が増えてきているとも聞きます。
ボルダリングは壁にあらかじめ定められたスタートからトップまでのコースを、定められた制限時間内に何コースを登れたかを競う競技です。
さまざまな配置のホールド(壁に設置されている突起)を使いながら登り、トップのホールドを両手で保持すればクリアとなります。
(間違っていたらごめんなさい。。。)

20171010_momoe1
実際に挑戦した時は、思っていた以上に難しくトップまで登れませんでした。
登る前にどのホールドを使ってどのルートで登るか考えなければトップまでいけないのだと痛感しました。
そして降りる時がとても怖かったです。なにより、自分の体の重さにビックリ、体が重くなかなか登れません(汗)。
20171010_momoe2
20171010_momoe3
一度登ると手がガクガクになりペットボトルの蓋を開けることが出来ませんでした。もちろん翌日は全身筋肉痛です。
体力づくりのために少しずつですが続ければと思っています。
頭と体を使う競技、皆さんも是非機会があれば挑戦してみてください。

(仙台看護部 服部)

秋(高輪看護部 斉藤)

みなさん こんにちは 高輪看護部の斉藤です。
ススキが風にうれしそうに 揺れている。
秋の空、大好きです。
みなさんはどんな秋が好きですか?

20171003_saito


先日、あるドラマが終わってしまいました。
主人公の女の子が成長していく過程を描いた物語でした。
見ていくうちに、ただ単に成長していくだけでなく、だんだん家族への思いが 深まっていき、それと共に、家族ひとりひとりのヒミツが現れ、それを解決する主人公。
その中で主人公自身も成長していくという内容でしたが、最後、家族ひとりひとりに 『ありがとう』と伝えていました。
家族、仲間、同僚、大切なキズナを深めるのは、『ありがとう』との感謝の気持ち なのではないでしょうか…この地球上で 何億もの人間がいる中で、縁あって、"キズナ"で結ばれた私達。
大切に 大切に、大事に 大事にしていきたいと思っている私です。
(高輪看護部 斉藤)
最新記事