京野アートクリニック スタッフブログ

仙台と高輪にある不妊治療専門クリニック「京野アートクリニック」スタッフブログです。一般不妊治療では妊娠が難しい方のために、人工授精、男性不妊治療、体外受精や精巣内精子を使った顕微授精等、高度生殖補助医療の専門クリニックです。

2017年06月

スープジャーでお粥(高輪看護部 鈴木)

はじめまして。看護師鈴木です。
今回私は、今ハマっているお粥について書かせていただきます。
お昼ご飯のお弁当にお粥を持参しているのですが、作り方がとても簡単なのです!
必要な物はスープジャー。大さじ2杯のお米を入れ、沸騰したお湯を注いで蓋をし、5分待ちます。
5分後、お湯を一度捨て、またお湯を入れるだけです。
これを出勤前に作り、お昼の時間に見てみるとお粥ができあがっています☆
 
20170620_suzuki

(この写真はお湯を少なめにして固めのお粥にしています^^;)
お粥は消化にも良く、少量で満腹感を得られるのでダイエットにいいと思い始めました。
今では、とっても楽チンなので続けているのが事実です。
インターネットで詳しくお粥レシピがあるので、是非作ってみてください☺そして、お粥に合うご飯のお供がありましたらぜひぜひ鈴木まで教えてください!

(高輪看護部 鈴木 志歩)

好きなこと(仙台培養部 加藤)

こんにちは。仙台培養部データ入力員の加藤と申します。
本日は私の好きなことについてお話ししたいと思います。

私は物づくりの職人さんが好きです。職人さん個人がどうのこうのというより、作っている姿を見るのが好きです。そして完成された作品を見るのが好きです。
年1回ではありますが、百貨店で日本の職人の技展という展示会があります。私はそれを心待ちにしています。
日本全国の職人さんたちがわざわざ来て下さるのです。

私の好きな作品の職人さんの所へ見に行くのが目的ではありますが、それだけではありません。
他の職人さんの所へも行きます。そして技や作品を見て感動します。
なんてすばらしい物を作るのだろう!
これを1つ完成するまでにどれだけの時間と試行錯誤があったのだろう、と空想します。
自分では作ることが出来ないのに、自分だったら・・・などとおこがましいながら妄想します。
妄想族です。

そんな日常から解き放たれる瞬間、そんな時間が大事です。
という事もあって、年1回、首を長くして待っています。

ものづくりが好きなこともあり、休みの日などは、手芸をしますが、日本の職人さん達をはるか遠くにみるものばかり作っています。(笑)
1


また来年行きたいな…と思いながらいつもの日常に戻ります。
日本の職人さんはestがつく最上級で最高の方々です。
皆様も、年に1回ではありますが、興味のある方は、出かけてみてはいかがでしょうか。
ちなみに私の記憶が正しければ、3月のお彼岸の辺りに開催されるような気がします。
それでは、みなさまごきげんよう。

(仙台培養部 加藤)

食中毒にご注意!(高輪看護部 田中)

皆様こんにちは。高輪看護部の田中千春と申します。
今年は梅雨入りが早いようですね。梅雨の時期には食中毒が心配ですね。そこで食中毒の予防について少し調べてみました。

食べてから発症が早いのは黄色ブドウ球菌によるもので、1~5時間後に下痢、吐き気、腹痛等の症状が出るそうです。この菌は人の手に多く分布しているためおにぎり等が原因となることが多いそうです。

逆に食べてから発症が遅いのはカンピロバクターと言う菌で、摂取後2~7日後に発症するそうです。肉類、特に鶏肉に分布しています。冷蔵庫内の環境が生存に適していると言うことで、冷蔵庫を過信せず肉類は買ったらはやめに充分加熱をして食べることが大切です。
よくテレビでも話題になるO-157等の腸管出血性大腸菌は生肉、加熱不十分な肉料理でが原因になります。これは重症になることがあるため、十分注意をしなくてはなりません。発症は摂取後12時間~8日後と言うことです。

その他にウェルシュ菌による食中毒があります。これはなんと加熱しても死滅せずに、それが冷めていく行程で増殖してしまう厄介な菌です。根菜類や肉類に付着しているので、洗浄が不十分なまま煮込み料理を作り、翌日まで室温で置いておくことは危険だそうです。
 
後、これは時期を問わずに注意が必要ですが、リステリアと言う菌は妊婦さんが感染すると流産の危険性があると言われています。生ハムや未殺菌乳から作られたナチュラルチーズが原因になることが多いそうで、注意が必要ですね。
 
その他にもまだ多くの原因菌がありますが、予防としては清潔な調理器具で調理すること、肉と野菜のまな板やナイフは分けること、充分加熱すること、調理後は速やかに冷却し、冷蔵庫に保管すること。そして速やかに食べることが大切です。

 菌によっては冷蔵庫内で生存出来たり、加熱しても死滅しないなどじゃあどうやって予防したらいいんだと途方にくれてしまいますね。私は特にこれから二日めのカレーには気を付けようと思いました。皆様もお気をつけてこの時期元気にお過ごしください。

(高輪看護部 田中千春)

どっちも派(仙台培養部 菊地)

こんにちは。培養部の菊地と申します。
今回は実家で飼っているペットについて紹介させていただきます。
皆さんは犬と猫、どちらがお好きですか?
どちらも好きではないという方もいらっしゃるかと思いますが、
私は小さいころから犬がそばにいたので、根っからの犬派なんだと思っていました。
しかし1年ほど前に、家族が知人から譲り受けたスコティッシュホールドのチャイくんの登場で、この考えが大きく変わりつつあります。

20170606_kikuchi_1


実家でも猫を飼うということは突然のことで、最初は性格や世話に慣れず、恐る恐るでしたが、あっというまにみんなネコ好きに...。

最近では頻繁に家族のグループラインに写真が流れてきます。
20170606_kikuchi_2


休日、実家へ帰り愛犬のララと散歩をしたり、嫌がるのをなだめながらシャンプーをしたり、一緒に昼寝をするのが私にとって癒しの時間です。

犬と違い、微妙な距離感を保たなければ嫌われてしまうことに悪戦苦闘していますが、気づけば私の写真のフォルダにもたくさんのチャイの写真が。

写真を撮るのにいいタイミングがたくさんあるんですよね。

20170606_kikuchi_3

実家へ帰る時の楽しみが増え、ご存じのかたも多いかと思いますが岩合光昭さんの世界ネコ歩きの番組もよく見るようになりました。
早く好かれたいな、と思いつつ遠くから眺めているだけでも幸せです。

20170606_kikuchi_4

最後までお読みいただきありがとうございました。

これから梅雨の時期に入り蒸し暑くなってきますが、お体に気をつけてお過ごしください。

(仙台培養部 菊地)
最新記事