京野アートクリニック スタッフブログ

仙台と高輪にある不妊治療専門クリニック「京野アートクリニック」スタッフブログです。一般不妊治療では妊娠が難しい方のために、人工授精、男性不妊治療、体外受精や精巣内精子を使った顕微授精等、高度生殖補助医療の専門クリニックです。

2016年12月

我が家のペット(高輪 看護部 福島)

こんにちは。看護師の福島と申します。

今日は我が家のペットのご紹介をさせていただきます。
うさぎのきなこくんです。
fukushima1612

名前のせいでよく女の子だと間違われてしまうのですが、男の子です。
うさぎといえば、小学校で飼われていたり、ふれあい動物園にもかならずいて、だれでも一度は触れ合ったことのある動物だと思います。

みなさんはうさぎに対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。私は自分が飼うまでは静かでいつもじっとしているぬいぐるみのような動物だと思っていたのですが、実際はとても活発で表情豊かな動物です。

うさぎには声帯がないそうで、犬やねこのように鳴くことはありませんが、跳びまわったり鼻を鳴らしたり、足で床を強く蹴ったりして感情を表現します(うさぎ好きの間では足ダンとよばれています)。ペットのうさぎでは、不安なことがあったり飼い主を呼びたいときに足ダンをする子が多いそうです。我が家のきなこくんは夜中に足ダンをすることが多いので、夜中に起こされることがよくあります。ご興味のある方はぜひインターネットの動画サイト等でうさぎの足ダンを検索してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。年末の忙しい時期ではありますが、お体に気を付けてお過ごしください。

京野アートクリニック高輪 看護部 福島

写真付き年賀状とどのように付き合ったら良いでしょう?(心理カウンセラー 菅谷)

こんにちは。生殖心理カウンセラーの菅谷典恵です。

12月に入るとお聞きすることが多くなる話題のひとつに、「年賀状」があります。そうです、年賀状の写真が問題なのです。最近はSNSに押され気味ですが、考えるとブルーな気分になる方はいらっしゃるでしょう。
「周りの友人の写真には子供が増えていく、それなのに私は進んでいない気がします。1年前の今頃も『来年は妊娠しているぞ~!』と気合を入れたけれど、1年経っても同じことを思う私はどうしたら良いのでしょう。」
そんなこともお聞きします。
 年賀状は確かに何かを突き付けられるようで、辛い存在にもなりえます。誰にでも愚痴をこぼせる内容ではないので、家でご主人にお話しされることもあるでしょう。しかし、この手の話題はご夫婦間で共有しにくいものなのです。
 女性より、男性の方が何かと比較して考えることが少ないものなのです。したがって、
「そんなこと言ったって、人はひとだから仕方がないでしょう。」
と言われて終わり、という結末を迎えることもあると思います。男性と女性は考え方も違う部分があるので、こうしたやり取りになるのもある程度仕方がないこともあります。「ほかの人との比較の問題は、男女間では共有しにくい」という認識を持った方が楽になれるかもしれません。
「私だったら、年賀状に子供の写真は載せません。」
とおっしゃる方も多いです。確かに、傷つく経験はほかの人にもしてもらいたくないですよね。しかし、世の中にはいろいろな考え方があります。写真を載せて何が悪いの?という意見もあるわけです。
 要は、世の中にはいろいろな価値観が存在している、ということだと思います。「相手に対して面白くない気持ちを持つ」ということは、「相手と自分の価値観が異なっている」ということです。価値観が違うからこそ、行動が変わってくるのです。その行動を自分の価値観に照らし合わせると、折り合いが付きづらいわけです。
 価値観を同じにすることは必要ではありません。「価値観が違うのだから、相手が自分の理解できない行動をしていても当然だな」と考えることが必要なのです。
 写真付き年賀状への対処に関してお勧めの方法は「見ない」ことです。相手から年賀状が来たか来ないかはご主人にチェックしてもらい、文面は見ないようにするということが可能であれば、それでも良いと思います。いっそのこと「出したくない人には出すのを止めてしまう」という方法もあります。
 「そんなことをしたらこの先の交友関係が狭くなってしまうのでは?」
と心配される方もいらっしゃいますが、先の心配よりも「今の自分」を快適にしてあげましょう。自分に対してあまり「○○でなくてはいけない!」という縛りを課さない方がしなやかに生きられます。
 SNSに関してもほぼ同様のことが言えます。見たくない人がいたら、自分には表示されないようにして自分を守ってあげることも必要です。自分を守れるのはご自分しかいないのですから。
 前述のように、このことはご夫婦間ではなかなか共有しにくい悩みです。よろしければ私にお聞かせください。ご予約が込み合っておりますので、受付あるいはお電話にて早めのお問合せをお願いします。お気軽にお越しくださいませ。


生殖心理カウンセラー 菅谷

備えあれば。(事務部 及川)

事務長の及川と申します。
直接的には診療に関わりませんが、設備の管理などを行っております。

12月11日は京野アートクリニック高輪の停電時設備点検を行いました。
京野アートクリニック高輪は2011年に発生した東日本大震災を教訓に計画停電が起きたとしても診療できる体制づくりをコンセプトに2012年に設立し診療にあたっております。
今回は実際停電となった場合の確認を含め、入居ビルの停電に合わせて実施しました。当院は、ビルが停電となっても自家発電を有しているため、電気の供給が可能です。
電力量には制限があるため、クリニック全体を稼働することはできませんが、受付、検査室、内診室、問診室は診療可能な体制で、もちろん、OPE室や培養室は通常時と全く同じ状態を保つことができます。
2011年の震災時も京野アートクリニックは事前の震災対策のおかげで、大きな被害を免れました。当院は特に受精卵や卵子、精子をお預かりしておりますので、震災や停電対策には万全を期しております。

今後も安心して治療を受けていただける体制づくりを目指してまいります。

事務長 及川 清貴

 oikawa1

oikawa2


フェレット(高輪 培養部 相良)

こんにちは。高輪培養部の相良と申します。

12月に入り東京でも一段と寒さを覚える今日この頃です。私事ですが、スイッチを入れるとすぐに暖まる「速暖コタツ」というものを購入し、この季節に大変重宝しております。

さて、皆様の中にも動物を飼ってらっしゃる方がいらっしゃると思いますが、今回は私の飼っているフェレットについてお話しさせていただきたいと思います。
20161206_sagara 

フェレットはイタチ科に属する哺乳小動物で、肉食性です。飼育されているフェレットは、ワンちゃんやネコちゃんと同じく、一般的にカリカリフードを食べています。
現在、国内で飼育されているフェレットのほとんどは海外のファーム(フェレットが誕生している繁殖場)から避妊・去勢された状態で輸入されているのだそうです。ファームごとに体型や性格が少しずつ異なり、丸顔でずんぐりしている子もいれば、小柄で細身の子、やんちゃな子、大人しい子・・・と、それぞれの特徴があってかわいいなと思います。

ちなみに我が家のぴょんす(メス・6歳)はアメリカのペンシルバニア出身で、性格は比較的おとなしいとされているようです。文頭でお話ししたコタツも、ぴょんすが1番気に入っており、気付くと中で寝ているので、足を入れる前に細心の注意を払っています。

動画投稿サイトには可愛らしい仕草をとらえた動画も沢山ありますので、よろしければご覧になってみてください。

最後になりましたが、日一日と寒さが募っていますので、お風邪など召されないよう暖かくしてお過ごしください。
お読みいただき、ありがとうございました。

高輪 培養部 相良
最新記事