こんにちは。看護師の佐藤可奈子です。
かなり久しぶりのつぶやきです。前回つぶやいたのは、当クリニックが仙台に開院する前だったので、もう5年も前になります。時が立つのは早いですね。
季節はしっかり秋になり、冬の気配も時折感じるようになりました。かなり涼しく過ごしやすくて、暑さに弱い私は快適です。秋は短いですから、楽しみたいですね。

ところで、みなさんは日々の生活の中でほっこりと癒されるものはなんですか。
お風呂、音楽、マッサージ、ペットそれぞれあると思います。
わたしは、音楽を聴くことも大好きですが、家にある植物たちの世話をし、それを眺めるのが好きです。とても癒されます。小さな植物なのですが、狭い部屋に植物専用の場所があり、そこに10鉢くらい飾ってあります。昔はサボテンを枯らしたこともありましたが、今はみんな、みずみずしく育っています。
同じ緑系のものでは他に、水草も大好きです。世話が大変そうで家にはありませんが、お店などで見かけると、ついぼーっと眺めてしまいます。水槽のなかで、気泡と一緒に揺れる感じや、光を浴びた感じがとてもキレイで癒されます。水草の写真集とかもいいですね。
実家に行けば周りは緑だらけですし、池もあり水草も浮いていますが、水槽でみるのとではだいぶ違いますよね。いつか家にも置けたらいいなぁと思っています。
忙しい毎日ですが小さなことでも、ふぅーっと力を抜ける時間は大切ですよね。

少し話は変わりますが、先月のARTセミナーを担当させていただきまして、その中でいただいた患者さまの声の中に、ストレスについてのセミナーがあったらと書いてありました。
普段の生活の中で、大小の違いはあっても、何らかのストレスを感じている人は多いかと思います。そして、さらにこの治療をしている人のほとんどが、将来について、治療についてやはり何らかのストレスを感じていることと思います。
最近目にした記事のなかに「同じようなストレスの原因があっても、それによるストレスの感じ方や捉え方、ストレスが心や体に与える影響の大きさに、それぞれ個人差があります。そのような、差というのは、性格や物事の考え方、行動パターンなども含め、ストレスにどれだけ耐えることが出来るかという、ストレス耐性の強さの違いによって生まれます。ストレスの原因が多く潜んでいるといわれる現代社会で、心身ともに健康に過ごすためには、ストレス耐性を高めて、ストレスと上手く付き合っていくことが大切です。」と書いてありました。
では、どうすればストレスと上手く付き合っていけるのか…なかなか難しいですよね。

診療の中で、少しでも不安を軽減できるよう努めていきたいと思っていますが、ストレスに関するセミナーや外来でゆっくり話を聞く時間はなかなか持てずにいるのが現状です。
ただ、ひとりで溜め込むのではなく、カウンセリング等を利用していただくことによって、どのように気持ちを持っていけばいいのかなど、自分にあった答えを見出してもらえたらと思います。

なんだか、題名とズレてしまいましたが、今月のつぶやきはこのくらいにしたいと思います。長々読んでくださったみなさまありがとうございました。

看護部    佐藤可奈子