みなさまこんにちは。生殖心理カウンセラーの宮川です。
今回は心理カウンセリングについてつぶやいていこうと思います。

まず、「生殖心理カウンセラー?何それ?」という方が多いかと思いますのでそこから簡単にお話ししたいと思います。
学校にいるスクールカウンセラーや、会社の中の相談室にいる産業カウンセラーなどのように、同じ心理士でも働く場所によって呼ばれ方や資格が変わります。心理士と一口に言っても、教育・医療・福祉・産業・司法など、携わる領域は幅広いのですが、『生殖心理カウンセラー』は心理士の中でも特に生殖医療の場で働く心理士のための資格です。心理士としての基本的な部分はどの領域においても共通しているのですが、それぞれの領域特有の問題があります。特に生殖医療の場では特殊な医療知識もある程度必要となりますので、医療知識や生殖医療特有の心理的問題などを学んだ上で、資格試験に合格するとこの資格が得られます。…とは言え、カウンセリングでお会いする多くの方がおっしゃるように、それまでは聞いたこともなかった言葉がいっぱい出てくる難しい治療内容ですので、特に理系科目が苦手だった私は今でも日々勉強なのですが…。

さて、カウンセリングと聞くと皆様どんなイメージを思い浮かべますか?「重い精神疾患を持った人に行うもの」というイメージの方が多いでしょうか。具体的にはわからなくても、「興味はあるけどなんとなく行きづらいなぁ」と思っている方が多いかもしれません。
実際、カウンセリングルームにいらした方々からは、「カウンセリングに来るほどの大した悩みはないんですけど…」「特にこれといった悩みがあるわけではないのですが…」「こんなことで来て良いのかわかりませんが…」とのお声を聞きます。カウンセリングルームへ来て下さるために少し勇気を出して頂いているようです。そして、同じように思っているために行きづらいと思っている方も多いようです。
カウンセリングは特別な疾患を対象としたものではなく、健康な方々にも行われるものです。日々の生活の中で何らかの問題は生じてくるもので、皆いつもその問題に対して自分なりに対処していくのですが、時々どんな人でもうまく対処しきれずに落ち込んでしまったり不安がいつまでも残ったりすることがあります。そんな時に問題解決のお手伝いをさせて頂くのがカウンセリングです。

実際に当院でのカウンセリングでどんな相談が多いかというと
・治療を始めることになったけどなんとなく不安…
・どうしても結果を焦ってしまう、イライラしてしまう。そんな私は病気なの?
・親戚や近所の人などから「子どもはまだ?」と言われてつらい
・友達の出産報告を聞くのがつらい、そんな風に思うのは変?
・周りの人に理解してもらえず、相談することもできなくて困っている
など…字数の関係もあって挙げきれませんが特に多いものを挙げてみました。

他にもストレスについて、仕事との両立、夫婦関係についてなども多く聞きます。通院していない方が受診すべきかどうか相談にいらっしゃることもありますし、提供精子や養子について情報提供することもあります。どんな内容でも、カウンセリングにいらした皆さんが共通しておっしゃるのは「誰にも相談したことがなかったから聞いてもらえて良かった」ということです。
カウンセリングでは「こんな話をしなければいけない」というものはありませんし、悩みに大きさなんてありません。もちろん具体的に「これについて話したい」というのが無くても構いません。「相談できる人がいなかったので誰かに聞いて欲しかった」と、それまでのお気持ちを話されて、スッキリしたと帰られる方も多くいらっしゃいます。あまり相談できるところもなく、お一人で、もしくはご夫婦だけで悩んでいらっしゃる方が多いかと思いますが、一人で抱え込んでしまうと辛いものです。自分だけで抱え込む必要はありません、一人で悩まずに、一緒に考えたり問題解決するお手伝いをさせて頂ければと思います。一人で解決できることも沢山ありますが、なんだかうまくいかない時には他の人に手伝ってもらうと違う方法が見えてくることもあります。大きな変化は無くても、少し楽になるかもしれません。

カウンセラーは治療では直接関われませんが、何かと頑張らなければいけないことの多いこの治療の中で、少しでも力を抜いて楽になれるようなお手伝いが出来ればと思います。世間話でも構いませんし、とりあえず来てみたという方も多くいらっしゃいます。当日の申し込みも受け付けておりますので、気が向いたらどうぞいつでもいらして下さい。
カウンセラー 宮川智子