京野アートクリニック スタッフブログ

仙台と高輪にある不妊治療専門クリニック「京野アートクリニック」スタッフブログです。一般不妊治療では妊娠が難しい方のために、人工授精、男性不妊治療、体外受精や精巣内精子を使った顕微授精等、高度生殖補助医療の専門クリニックです。

2010年04月

試写会のススメ(検査部 黒沢)

はじめまして。去年の6月からホルモン検査室に勤務しております、臨床検査技師の黒澤です。早いもので、入職して1年が経とうとしています。
最近ユニフォームを一新しまして、京野カラーのピンクになりました。検査室に籠って仕事をしていることが多いので、あまり皆さまにお会いする機会はありませんが、見掛けた際にはどうぞお気軽に声を掛けて下さい。

さて、今回は私の趣味についてつぶやきたいと思います。私は映画が好きでジャンルを問わずよく観るのですが、特に「映画館で観る」ことが好きです。最近は映画も進化して、3Dなるものも増えてきていますよね。あの迫力と臨場感は、映画館の大スクリーンでなければ味わえません。しかし、頻回鑑賞するにはなかなか高額でして…。そこで私が活用しているのが試写会です。TVのCMなどでご覧になっている方も多いのではないでしょうか。
この試写会、利点がいっぱいなのです。まず、無料であること。さらに、公開に先駆けて行われることが多いので、一足先に楽しむことができます。時には俳優さんが舞台挨拶に来ることもあり、思いがけず芸能人に会える、といったサプライズもあります。
このように、試写会はとってもお得なシステムなのです。

では、どのように試写会に応募したらいいのか。一般的なのが、携帯サイトやインターネットを利用して応募する方法で、とても簡単に応募できます。多くの方がこの方法で一度は応募したことがあるのではないでしょうか。しかし手軽なだけに競争率が高いのか、当選率はあまりよくありません。そこで私がオススメしたいのが、はがきで応募するというレトロな方法です。私が使っている方法を簡単にご紹介します。

1官製はがきを用意
2必要事項を明記
3はがきのふちを赤や黄色など目立つ色で囲う
4作品や監督、俳優などへメッセージを記入する
5カラーペンなどを使ってとにかくカラフルに仕上げる

さらに一手間加えるならば、6映画館に行って予告のチラシを貰ってきて、俳優等を切り取って貼る(笑)ここまでやれば完璧です。これで当選率は8割を超えます! 手間はかかりますが、当選するとお得感が味わえる試写会、時間がありましたら是非応募してみてください♪

検査部(ホルモン測定室) 黒澤


メシ、フロ、ネル(培養部 中條)

皆様こんにちは。培養士の中條と申します。

「メシ、フロ、ネル」といえば、一昔前の困った亭主の悪評高いセリフですが、それはともかく、この「メシ、フロ、ネル」がまともじゃないと、人間は不健康になったり、不機嫌になったりと、日々の生活を楽しめないのではないのでしょうか。美味しいものを食べて、一日の汚れを落とし、バスタブでからだを伸ばしてのんびりする、そして気持ちよく眠ることが、明日への元気につながります。そんなわけで、今回は「メシ、フロ、ネル」のうちの「フロ」のつぶやきを・・・。

私の住まいは1Kのマンションで、お風呂も狭く、のびのびと湯船につかれる広さもないバスタブですが、私の元気のでる場所です。お風呂の楽しみ方はいろいろあると思いますが、私は手作りの石けんを使い、その日の気分に合わせてバスソルトやバスボブを選んだりして楽しんでいます。石けんやバスソルトは、市販品でも良いのですが、自分で好きな香りを選んで、自分で作ると、お風呂の時間が楽しく、癒しの時間になります。

「石けんを自分で作る!?めんどうくさそう・・・」と思う方もいるかもしれませんが、作ってみると意外に簡単で、初めてお菓子作りをするときのような、うきうきした気分になります。とは言っても、手間や時間がかかったり、どんな石けんを作りたいかで油の配合の割合を決めなきゃいけなかったり・・・ということもあります。でも手間や時間をかけて自分で作ると、石けんに愛着が湧きますし、使った時の満足感もあります。油は、作りたい石けんに合わせて配合してあるキットが売っていますので、そちらを購入すれば面倒な計算や計量いらずで作ることができます。(石けん作りには、苛性ソーダが必要です。薬局で購入できますが、皮膚などに触れるとやけどしてしまうなど、取り扱いや保管に注意が必要です。)インターネットで調べると、石けんを作るためのサイトがたくさん出てきますので、興味がある方はぜひ石けん作りにチャレンジしてみてください!!使うときだけではなく、石けんを熟成させている間も石けんの表情が変わっていって、大切な植物を育てているような感覚になったり、石けんにつけた香りが部屋に広がって、芳香浴にもなったりします。お風呂の時間も、一味も二味も楽しい時間になると思います。

「そこまで本格的には・・・」という方は、アロマショップなどに石けんの素が売っていますので、それに精油で香りをつけたり、色をつけたり、自分の好きな形を作ったりするだけでも楽しく使えると思います。私も面倒なときはこの方法で作っています。

インターネット上で作った石けんの写真を紹介したりする方もいて、情報交換をする楽しみ方もありますね。

石けんに香りをつけるときは、体の不調を緩和する効果がある精油を使うと、体のトラブル解決に一役かってくれることも・・・。今時期だと、花粉症の鼻づまりには、ペパーミントやローズマリーなどいかがでしょうか。

今回は石けん作りについてつぶやいてみましたが、ちょっとしたことで、気持ちも身体もリフレッシュでき、元気になります。「メシ、フロ、ネル」という普段の生活を大事に楽しんで、疲れからの回復の時間、場所にして、明日に疲れを持ち越さないようにしたいものですね。

培養部 中條


最新記事