皆さんこんにちは。最近急に寒くなってきましたが風邪などひいていませんか?

私も南の方の出身なので寒さに負けて9月の終わりくらいから早くもコタツを使ってしまいました。(年中出しっぱなしですが)

さて、今回は培養士についてつぶやきたいと思います。培養士、といえば何をご想像しますか?当院に長く通院している方でも、あの人が培養士さんで、とすぐパッと思いつかないと思います。私たちも患者さんに会うのは、採精カップを受け取るときか採卵、胚移植で挨拶に行くときくらいで、毎日のほとんどの時間を同じ培養士の人と共有しています。ですのでアンケートを見ても培養士に対するコメントが少なくて(あっても誰が培養士か分からない等。。笑)ちょっと寂しくも感じております。

私は去年の4月から培養士としてここに勤務させていただいているので、今でちょうど一年半が経ち、やっと少し皆様の精子、卵子を扱わせていただけるようになったくらいです。一年半経ってもなお、受精卵を移動させるときは少しドキドキします。というのもこの小さな受精卵が患者様の赤ちゃんになるのかぁ。。。とディッシュ(卵を培養している入れ物)を持つたびに考えてしまうからです。この仕事に就いてしばらく経つのに、未だに不思議な職業で、かついつも責任感が重い職業だなぁと痛感します。それほどまで不妊治療をされている方は、本当に人生をかける想いで通院されているからです。私たちも、顔こそは分かりませんが、採卵2回目、採精2回目、と以前来られた方の名前は大体覚えてしまいます。だからこそ、いつもみんなで、~さん今回は上手くいくといいねとか、この胚は妊娠しそうな気がする!!などと言いながら皆様の元にかわいい赤ちゃんがやって来ますよう願いながら毎日業務に取り組んでいます。

しかし当院ではお産を同時に行っていないので、自分が培養に関わった患者様が妊娠・出産されてもまだその顔を見たことはありません。また培養士はカルテ上やミーティング以外で妊娠されたという情報をあまり得ませんので、妊娠して欲しいと願いながら培養していても実際妊娠されても知らないまま過ぎてしまう場合があるのが残念です。しかし、私は最近まで児の発育アンケートの係に携わさせていただいていたのですが、そこではご出産された時の記録や、既に出産された児の発育記録などを、ご協力いただいている患者様から返信をいただき、今後の調査に役立てております。しかし何百通もあるのですが、ほとんどのアンケートから皆様が幸せいっぱいです、という内容のコメントで溢れていて、治療に苦しんだからこそ子供が出来たときの喜びも人一倍な気持ちが伝わってきます。ある患者さんからはアンケートとは別に感謝のお手紙やお子様の写真を添えていただいているものもありました。そんな報告を見ていると、私が携わっている・いないに関わらず、この仕事をしていてよかったなぁ、と思います。

とはいっても、この職業に就いていると、子供がいなくても幸せな夫婦はたくさんいます。不妊だからといってストレスを溜め、思い悩んでしまうよりも、治療に協力してくれるような素敵な旦那様がいるだけで幸せなのではないでしょうか?私も羨ましいかぎりです笑

どんな形にせよ、皆様が納得のいく治療を受けられますように。

培養士 太田 奈里子