みなさん、こんにちは。看護師の清水です。
最近は暖かくなり、過ごしやすい季節になりましたね。 仙台市は緑も多く、道を歩いていてもとても気持ちがいいです。

話は変わりますが、家では観葉植物を最近購入しました。
マッサンゲアーナ(幸福の木、ニオイセンネンボク)という、1m越えの植物です。存在感が大きくて、ガラッと部屋の雰囲気が変わりました。

観葉植物といえば、さまざまな効果がありますよね。
空気の浄化、マイナスイオン、ヒーリング効果、インテリアとしてのグリーン…。
特に、マイナスイオンはみなさんもよくご存知のように、とても体によいですよね。
副交感神経に働きかけ、鎮静・安定作用をもたらし、細胞を活性化させ、体内の酸化を防ぎ血液の流れをスムーズにする働きがあります。 また、緑は目を休める色といわれ、視覚的にもリラックスできますね。

マッサンゲアーナは熱帯では、樹高6mにもなる木でかなりの大木にならないと花は咲かないそうです。
どんな、花が咲くのか見てみたい気もしますが、6mにもなったら…。

みなさんも、お部屋に観葉植物を飾りリフレッシュしてはいかがでしょうか。

看護師 清水