みなさんこんにちは。看護師の太田です。

最近とても寒くて朝布団から出るのが嫌な季節になりましたね。四季折々素敵な日本、秋は「食欲の秋」美味しいもの沢山食べたいですね。また秋は紅葉の季節。ここ大崎市には紅葉と温泉で有名な鳴子があります。鳴子峡は高さ約100mの断崖と渓流が織りなす景勝地。深い谷を見下ろせば、切り立った崖や絶壁などで多少荒々しいですが、赤く染まった紅葉の色鮮やかさが映えます。弁慶岩、夫婦岩などの奇岩怪石もぜひ観賞して下さい。見晴台から大谷橋の約2.5kmの間には遊歩道が整備されており散策しながら渓谷全体の紅葉も望めます。例年の見ごろは、10月中旬~11月上旬。機会があればぜひ散策してみて下さいね。

ここからは、骨盤について話をしようと思います。骨盤は爪や歯などと違って自分の目で見ることができないので、ちょっととらえにくいかもしれません。骨盤とは「ヒップを形成している、おへその裏にある3つの骨」のこと。「盤」という字が使われているので「平らなもの」を想像してしまうかもしれませんが、骨盤は「3つの骨(仙骨と二枚の腸骨)が下腹内臓器(膀胱、大腸、子宮など)をクルリと囲むように立体的な形になっているもの」なのです。肺がアバラ骨で守られているように下腹部の内臓器は骨盤で守られています。

骨盤は毎日、12時間かけて徐々に閉まり、朝のピークで目が覚めます。今度は夜に向かって徐々に開いて仙骨・尾骨が下がり、まぶたも連動して下垂。ピークで目が開けられなくなりおやすみタイムになります。また、骨盤は毎月、2週間かけて徐々に閉まり、ピークで排卵を迎え、2週間かけて徐々に開き、最大に開いたところで生理を迎えます。骨盤が毎日変化していたことに驚く方もいらしたかもしれませんが、骨盤の動きに合わせた体操をすることによって理想的な体型を手にいれることも出来ます。秋は美味しいものが沢山あり、ついつい食べ過ぎてしまい……(><)美味しいものをお腹いっぱい食べても太らない!!理想ですね。

骨盤教室;寺門琢己、幻冬舎、より引用)

看護師 太田