みなさんこんにちは。培養士の佐藤といいます。

みなさんは肥満や痩せすぎが不妊原因になりうることはご存知ですね。具体的にはBMIが27以上、17未満で妊娠率が低下するという報告もあります。(BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)のことです) ここで、BMIが27以上で今すぐダイエットをしなくては!と、急に無理なダイエットをされる方がいるかも知れませんが、それは間違いです。急なダイエットは逆に体調やホルモンバランスを崩してしまいます。それでは、意味がありません。一年で2~3kgずつが理想的と言われています。
では、どうしたら理想的に痩せられるのか?今は様々なダイエット法があります。その中から自分にあった方法を見つけられるのが一番です。今回、私はゆっくりとした体操に注目してみました。太極拳やヨガなど、ゆっくり体操は昔から人々の健康法として親しまれてきました。最近ではホットヨガなどがトレンドですね。こうした体操は基礎代謝をアップさせ、成長ホルモンの分泌を促すことができる方法です。

基礎代謝は、心臓を動かしたり体温を維持したりと、人間生活に必要な最低限のエネルギーのこと。基礎代謝は、筋肉の量に比例して増加します。ゆっくり体操で筋肉を増やすと、基礎代謝も増え、脂肪が燃えやすい体になります。またゆっくり体操は、成長ホルモンが多く分泌される運動です。成長ホルモンには、筋肉や骨の成長を助け、若々しい肌を保つ働きがあります。最近の研究では、体脂肪分解効果があるらしいということも判明しました。

継続は力なり。運動と食事を組み合わせて健康的になりましょう!

培養士 佐藤