こんにちは。培養士の西中です。

突然ですが、温泉には人間のホルモンバランスを本来の状態に戻そうとする総合的正調作用があるといわれています。実際温泉に入って『ホルモンバランスがよくなったなぁ~』と感じることはありませんが、温泉にのーんびり浸かった後は体の芯まで温まり、心も身体もなんだかぽかぽかする気がします。

そこで、今回は鳴子温泉についてつぶやきたいと思います。
鳴子温泉は昔から東北の湯治場として有名で、温泉の効能や9種類もある泉質の良さには定評があるといわれています。泉質は単純温泉、硫黄泉、含鉄泉塩化物泉などで、効能はやけど、切り傷、慢性皮膚炎、慢性婦人病に効果があります。昔の言い伝えに、東鳴子温泉には伊達藩の御殿湯があり、子供に恵まれなかったお姫様が入浴、後に2人の子供を授かり、そのうちの一人が初代宮城県知事になったというエピソードがあります。一般的に子宝温泉は単純温泉、弱食塩泉など刺激の少ない温質がよいといわれています。鳴子温泉には効能や泉質が違う温泉が多くありますので、自分のお気に入りの温泉を見つけて欲しいと思います。

鳴子温泉には、古川から車だと国道47号線を27km、電車だとJR古川駅(当院は以前、宮城県大崎市古川大宮にありました)からJR陸羽東線普通列車で約50分で行くことができます。当院へお越しの帰りに心も身体も温まる鳴子温泉に行ってみてはいかがでしょうか?

培養士 西中