ホームページや院内の掲示でご存知の方も多いと思いますが、2005年6月からカウンセリングを開始しています。普段は2階におり、みなさまとお会いする機会が少ないので、様子がわかりにくいと思います。初診の方に施設案内をしていますので、カウンセリング以外にも案内の過程でお会いした方もいらっしゃいますが、まだまだお会いした方は少ないなぁと感じています。

カウンセラーとして勤務していますので、「カウンセリング」を行うのが仕事ですが、実際には自分自身が勉強している時間が、とても多いのが現状です。これはカウンセリングの時間が少ないということでは決してなく、カウンセリングを進めれば進めるほど、みなさまへ伝えたいこと・覚えなければいけないことが山のように出てきて、時間が足りない!という感じです。

カウンセリングの時間の中で、時にハッとする言葉を聞き、自分を振り返ることもしばしばです。「話すこと・伝えることって大切ですね」「これまでの自分は頑張ってたんですね」など等、じっくりと思いを話し、考えた時間の後に出てくる、その方にとっての『大切なコトバ』の数々。お話をうかがった私自身にとっても、大切な言葉になっています。

これからお会いするみなさまにも、それぞれの『大切なコトバ』があると思います。一つ一つをしっかりと受け止め、未来へつないでいけたらと思っています。

心理カウンセラー 星山千晶