京野アートクリニック スタッフブログ

仙台と高輪にある不妊治療専門クリニック「京野アートクリニック」スタッフブログです。一般不妊治療では妊娠が難しい方のために、人工授精、男性不妊治療、体外受精や精巣内精子を使った顕微授精等、高度生殖補助医療の専門クリニックです。

Dダイマーについて

今回はDダイマーについてです。
採血時に患者様からよく「Dダイマーってなんですか?」と質問を受けることがあります。

Dダイマーとは血液の線溶現象を調べる検査です。Dダイマーの血中濃度の上昇は、線維素溶解(線溶、フィブリン溶解)が進行中であることを証明し、血栓塞栓症や凝固性亢進状態に付随するその他の症状の特徴であるフィブリン血栓が形成されたことを示します。

不妊治療にて排卵誘発剤を使用した場合の副作用として卵巣過剰刺激症候群(OHSS)があります。その重症例として血栓症などの生命に関わる合併症に進展することもあるため、早期に発症を把握して治療をする必要があります。OHSSが重症でなくても血栓症が起こることもあります。

血栓症のモニタリングとしてDダイマーは非常に有用です。早期から検査を行い、且つこまめにモニタリングし、必要時早期から血栓症予防の薬(内服、注射)を開始することが有効かつ重要です。

血栓症を予防するために、治療開始前に問診とスクリーニング検査(血栓性素因を把握する検査も含む)を行っています。必要に応じて、血栓症を予防する薬(内服、注射)を処方したり、総合病院を紹介するなど、適切な措置を講じます。
ただし血栓症の発症を完全に予防することは困難です。ふだんから水分を多めにとって脱水を避け、適切な食生活や運動を心がけてください。

排卵誘発剤に限らず、ピル(プラノバール、マーベロン)や黄体ホルモン製剤の一部も血栓症のリスクが考えられます。
下肢の痺れや浮腫みなどの症状が気になる場合は、来院の際スタッフにお問い合わせいただくか、お電話でご相談ください。

また、血栓症の発症には以下の症状(ACHES)と関連することが報告されています。ACHESを感じたら、薬剤を中止し、救急外来を受診してください。

A:abdominal pain(激しい腹痛)
C:chest pain(激しい胸痛、息苦しい、押しつぶされるような痛み)
H:headache(激しい頭痛)
E:eye/speech problems(見えにくい所がある、視野が狭い、舌のもつれ、失神、けいれん、意識障害)
S:severe leg pain(ふくらはぎの痛み・むくみ、握ると痛い、赤くなっている)

仙台検査部
参考文献
日本生殖心理学会誌 Vol.1,No.1,2015
「血栓症と生殖補助医療」  京野アートクリニック 京野 廣一

妊活に適した食材の選び方

 近年アメリカの研究で特に不妊の原因が排卵障害にある女性において、食生活や生活習慣を見直すことによって改善が認められることがわかりました。

 そこで今回は前回予告した『妊活に適した食材の選び方』について特化して紹介していきます。妊活に大切なことは最先端の医療を受けることだけが最適なのではなく、普段の食生活や生活習慣も見直していくことが妊娠への第一歩につながるので、ぜひ参考にしてみてください。

<妊娠の可能性を高める7つの原則>

 アメリカにおいて全米18000人の女性看護師を対象に、妊娠するまでどれくらいの期間がかかったか、流産の有無を含めた健康状態、食生活、運動の記録、喫煙やその他の生活習慣についての情報を集めました(以下「看護師健康調査」)。

 そこから以下に挙げた食生活における7つのポイントが、排卵に関する不妊症を劇的に改善することが明らかになりました。

1 全粒粉など、精製度の低い穀物を選ぶ。食後の血糖値を急激に上げるような精製された炭水化物は減らす。

2 不飽和脂肪酸を多く摂り、加工食品やファストフードなどに含まれるトランス脂肪酸は避ける。

3 牛乳、ヨーグルト、アイスクリームは無調整のものにする。低脂肪(無脂肪)乳製品の接種は回数を減らす。

4 植物性タンパク質を多く摂り、動物性タンパク質を減らす。

5 葉酸やビタミンB群を含むマルチビタミンのサプリメントを接種する。

6 水を十分に飲む。コーヒー、紅茶は控えめに。砂糖入りの清涼飲料水は飲まない。

7 体重をコントロールする。肥満時は体重の5~10%減量し、運動する。

 この7つの原則のうちのいくつかは男性不妊にも効果があります。ご夫婦で食生活、生活習慣を改善をし、妊活に向けて励んでいきましょう!

 今回はこの原則のうち「1 炭水化物」「2 脂質」「3 乳製品」の3つの食材の選び方について詳しくお伝えしていきます。

炭水化物

 炭水化物には"良い炭水化物"と"悪い炭水化物"があります。その良し悪しは「血糖値にどう影響するか」が判断基準になります。悪い炭水化物を食べると血糖値が急激に上昇します。

 そして血糖値を一定に保つようインスリンが分泌されることによって血糖値は再び急降下し体は空腹のサインを出します。そこでまた悪い炭水化物を摂取し、血糖値の上昇を繰り返すことで肥満になり、糖尿病などの病気も引き起こすことになるのです。

 そこでおすすめなのが血糖値の上昇が緩やかな全粒粉食品です。白い小麦粉やコーンフレークなどの精製された炭水化物は血糖値を急激に上昇させますが、精製していない全粒粉食品は消化に時間がかかり血糖値をゆっくり上昇させます。

 それだけでなく、繊維質やビタミン、ミネラル、その他有用な栄養素をそのまま残しているのでより優れた食品といえます。他にも、じゃがいも以外の野菜や果物、豆類も血糖値やインスリンに緩やかな影響しか与えないので有用です。

 白いパンが好きな方は全粒粉パン、白米が好きな方は玄米に変えてみるなどちょっとした工夫で変えていけるので参考にしてみて下さい!

脂質

「看護師健康調査」によって、トランス脂肪酸は排卵や妊娠の障害なることがわかりました。このトランス脂肪酸の摂取量を減らせば、妊娠するチャンスを高めることができ、

 同時に不飽和脂肪酸、特にオメガ3脂肪酸を多く接種するとさらによい結果をもたらします。どのような脂肪酸の種類が良いのかは以下の表を参考にしてください。


20180515_takanawakangobu

 ちなみにイギリスで行われた研究によると、妊娠中にオメガ3脂肪酸を豊富に含む海産物を日常的に摂る女性から産まれた子どもは、産まれてから4歳まで運動、社交性、コミュニケーションスキルが長けていたことが分かっています。「妊娠しやすい食生活」を心がけることは妊娠までの期間だけでなく、産まれた後にも影響を与えるといえるでしょう。

乳製品

 脂肪の摂取バランスという観点から言えば、飽和脂肪酸を摂りすぎないことが大切なのですが、乳製品に関しては脂肪分無調整の牛乳やヨーグルト、チーズ、アイスクリームでさえ、排卵障害の不妊症リスクを低減し、反対に低脂肪の牛乳やヨーグルトはリスクを高めます。

「看護師健康調査」では、乳製品の総摂取量と排卵障害の不妊症リスクとの関連を調べ、摂取量に不妊症のリスクの違いは発見されませんでした。しかし、乳製品の種類別に見てみると、低脂肪の乳製品を多く摂る女性ほど排卵障害の不妊症リスクが高く、成分無調整の乳製品を多く摂る女性ほどリスクが低かったのです。

~なぜ低脂肪の乳製品を摂ると排卵障害のリスクが高まるの?~

 現在の牛乳は50年前に比べてホルモンの含有量が増えていることが知られています。問題は脂肪分を取り除く過程でエストロゲンやプロゲステロンなどが除去されアンドロゲンやインスリン様成長因子1などが存在することになります。その結果、低脂肪の牛乳を飲むことで男性ホルモンが過多になることで、卵胞の成熟や排卵の障害のリスクが高まることにつながるのです。

 低脂肪の方がヘルシーで健康に良いイメージがありますが、排卵障害を持つ女性にとっては妊活に逆の効果をもたらしてしまうので自分の体質に合った接種の仕方を見極めることが大切です。

今後、今回お伝えできなかった「植物性タンパク質」「微量栄養素(葉酸・ビタミンなど)」「水分」についても詳しくお伝えしていきます!お楽しみに!

<参考文献>

ジョージ・E・チャヴァロ/ウォルター・C・ウィレット/パトリック・J・スケレット:妊娠しやすい食生活~ハーバード大学調査に基づく妊娠に近づく自然な方法~,日本経済新聞出版社,(2013/12)

高輪看護部MA 森井千春

受精卵の培養は何℃が最適?

 受精卵を培養するインキュベーター内は、女性の体内(卵管)に近い環境になるように設定されております。卵子、受精卵を培養する上で温度は重要なポイントです。
 今回ご紹介するのは、36.5℃と37.0℃のインキュベーターで培養した時の胚発生とその後の妊娠率等を比較した論文です。

【論文タイトル】Comparing 36.5℃ with 37℃ for human embryo culture : a prospective randomized controlled trial
【著者】Mohamed Fawzy et al.

<対象>
2012年11月から2015年12月にエジプトのIVFセンターでICSI(顕微授精)を施行した391名の患者。

<方法>
ICSIを施行し、36.5℃のインキュベーターで培養した194名の患者による受精卵のグループと37.0℃で培養した197名の患者の受精卵のグループとで比較した。
どちらのグループもCO2濃度、O2濃度、pHは同様にし、培養液、培養容器(培養するための入れ物)は全て同じものを使用した。
また、凍結精子、TESE(精巣内から直接、精子を採取する手術)精子を用いた症例は除いた。

<結果>
受精率、培養3日目の良好な受精卵の割合、培養3日目でコンパクション(発生の進み具合)した受精卵の割合、良好な胚盤胞の割合、受精卵の凍結保存率においてそれぞれ36.5℃のグループよりも37.0℃のグループで有意に高くなった。培養3日目の分割率は36.5℃のグループで有意に高かった。
その後の妊娠率、妊娠継続率、流産率、双胎率に有意な差はなかった。

 以上の結果より、36.5℃での培養と比べて37.0℃で胚発生が改善していました。培養3日目の分割率において36.5℃のグループの結果が良かった理由として、子宮や卵管は体温よりもやや低いとの報告があり、受精卵を培養する温度の範囲内であったからではないかと述べています。
 しかし、質の良い受精卵を得るためには37.0℃での培養が最適だと考えられます。0.5℃の差ですが、受精卵にとって培養環境はとても重要であるということが分かります。

20180508_kataoka

 当院では、すべてのインキュベーターの温度を37.0℃に設定して培養を行っております。毎日、朝と夕方に培養士が表示される温度に異常がないかをチェックし、さらに1週間に1度、温度測定の装置を用いて実際の温度を測っています。この温度を測定する装置も1年に1度校正し、正しい温度を測定できるように管理しております。
 また、ICSI(顕微授精)施行時や胚観察時など、卵子や受精卵をインキュベーターの外に出す場合は37.0℃に設定したホットプレートの上に培養容器を置いて作業をしています。温度のほかにもCO2濃度、O2濃度、pHを測定し、正常な値を示したインキュベーターのみ使用しており、温度やガス濃度に異常がある場合、培養士にアラームの連絡が来るシステムも導入しているためすぐに対応をすることができます。

仙台培養部 片岡

最新記事