京野アートクリニック スタッフブログ

仙台と高輪にある不妊治療専門クリニック「京野アートクリニック」スタッフブログです。一般不妊治療では妊娠が難しい方のために、人工授精、男性不妊治療、体外受精や精巣内精子を使った顕微授精等、高度生殖補助医療の専門クリニックです。

「甲状腺ホルモンと妊娠について」(仙台看護部 服部)

今回は看護部より、部署で行った勉強会・甲状腺ホルモンと妊娠について紹介します。

甲状腺は、のどぼとけのすぐ下にある蝶が羽を広げたような形をしている重さ10~20g程度の小さな臓器です。甲状腺ホルモンの主要な構成成分はヨウ素です。甲状腺ホルモンは神経の増殖と成長に必要です。

●甲状腺のホルモンが多すぎると(甲状腺機能亢進症)、汗を沢山かいたり、食欲旺盛なのに体重が減る。活発になっているのに疲れやすく、動機が1日中する。などの症状がでます。●甲状腺のホルモンが少なすぎると(甲状腺機能低下症)、寒気がしたり、皮膚が乾燥したり、食欲がないのにも関わらず体重が増える。体がだるく、無気力となり、いつも眠気を感じるようになる。などの症状がでます。

甲状腺ホルモンは胎盤を通して胎児に移行し、胎児の知能を含めた身体発育に極めて重要な働きをします。軽度の母体甲状腺ホルモン不足があると胎児発育および妊娠経過に悪影響(流産・早産など)を及ぼします。
2007年には世界保健機関(WHO)はヨウ素欠乏症が胎児の脳にダメージ(知能低下など)をもたらすことを発表しました。2013年には英国のALSPACスタディーは妊娠初期のヨウ素欠乏症とIQ低下の関連を報告しています。妊娠中のヨウ素欠乏症は、先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)の要因になり、知能低下や運動機能障害をもたらします。

明らかな甲状腺機能異常がると不妊、流産率が高くなります。潜在性甲状腺機能低下症(軽度の甲状腺ホルモン不足、FT3・FT4は正常だがTSH高値の状態)でも不妊、流産につながります。不妊症の10人に1人は潜在性甲状腺機能低下症を合併していると言われています。米国臨床内分泌学会/米国甲状腺学会、欧州甲状腺学会では妊娠前と妊娠初期のTSH値を2.5μU/ml未満にするよう推奨しています。

また、最近では体外受精を受ける潜在性甲状腺機能低下症患者では、甲状腺ホルモン剤治療により受精率、胚の質、妊娠率が上昇するとの報告もあります。

不妊治療・検査が甲状腺機能に与える影響として、子宮卵管造影検査があります。
子宮卵管造影は検査後に妊娠率が上昇するという報告があります。しかし造影剤にはヨードが含まれているため、子宮卵管造影検査後、血中ヨウ素濃度は上昇し、それに伴いTSH値が上昇します。検査後4週で有意に高く12週をピークに下がり始めますが24週でも有意に高く48週間後に検査前と差がなくなります。少なくても検査後、半年間は高濃度ヨードに暴露されるため甲状腺機能に異常が出ることが多いです。

参考文献
不妊・流早産と甲状腺異常~潜在性甲状腺機能低下症合併不妊症への対応~
医療法人 神甲会 隈病院 学術顧問 網野信行

日本甲状腺学会ランチョンセミナー 不妊クリニックとの医療連携
すみれ甲状腺グループ代表 浜田昇

卵管鏡下卵管形成術(FT)について(仙台受付部 村上)

卵管狭窄や卵管閉塞と診断された場合、卵管鏡下卵管形成術(FT)といって狭くなっていたり、詰まっている卵管を通すために行うカテーテル手術があります。

<FTのメリットについて>
・日帰り手術で、身体的な負担が少ないこと
・保険適応で高額療養費制度の対象となるので体外受精に比べて経済的負担が少ないこと
・卵管性不妊のみが不妊要因の場合は一般不妊治療での妊娠も可能となること
などがあります。

<当院の治療成績・妊娠率について>
当院では2012年からFTを開始しており、累計648症例を実施しております。
そのうち、全妊娠例が223例ありますので、妊娠率は34.4%となります。
妊娠例の中には、その後体外受精などを施行した方もおり、一般不妊治療(タイミング、人工授精)に限ってですと、概ね22%程の妊娠率となります。

不妊症ではない方の自然妊娠の確率が20%程度と考えられていますので、卵管鼠径部の狭窄や閉塞に関しての治療としては、非常に有効ではないかと思います。

また、FT後に妊娠される方の多くは術後半年以内で妊娠することが多いことがわかっており、治療計画の参考にしていただければと思います。

<費用について>
高額療養費制度というのは、医療機関や薬局の窓口などで支払った額が、同じ月内で一定の自己負担限度額を超えた場合、その超えた金額が払い戻される制度です。
あとから払い戻されますが、一時的な支払いは患者さまの大きな負担になりますし、支払われるまで3ヶ月ほどかかります。
そのため、当院では事前に申請して窓口に「限度額適用認定証」を提示していただくことにより窓口で支払う負担を、自己負担限度額までにとどめることができる高額療養費の現物給付を奨めております。

事前に申請することにより、通常3割で片側約14万円、両側約28万円かかる手術が所得に応じて自己負担限度額で済みます。自己負担限度額は個人の所得額に応じて異なります。

uketuke_murakami_0206
 
限度額適用認定証の申請方法は、どの医療保険制度に加入しているかで窓口が異なります。
お持ちの保険証で、保険者の名前を確認していただき、記載されている保険者や市区町村の国民健康保険課の窓口までお問い合わせいただくようになります。
発行期間もそれぞれで、即日~7日程度で発行されることが多いようです。

また、FTは民間の医療保険(生命保険)の手術給付金の対象となるのが一般的です。
保険会社書式の診断書の記載が必要な場合は受付窓口へご提出ください。


関連リンク
 FT(卵管鏡下卵管形成術) http://ninkatsu-note.com/archives/533
 FTの治療・妊娠成績についての論文 http://ninkatsu-note.com/archives/1980


受付部 村上典子

スクリーニング検査について(高輪検査部 金子)

今回は検査部より、日々患者さまから多くいただく質問についてご紹介いたします。

スクリーニング検査(術前検査)って何のこと?本当に必要なの?というテーマです。

スクリーニング検査は治療を始めるにあったって健康状態や不妊の原因となる疾患を調べるために最初に受けていただく検査です。不妊治療を行う上での、必要不可欠な「健康診断」のようなものとお考え下さい。

調べる目的は、簡単に言えば、
「今、妊娠・出産できる体の状態なのか」
ということです。

もう少し掘り下げると、
「妊娠しにくい原因をもっていないか」
「妊娠できたとして、安全に出産できる体の状態か」
を一度の採血で調べます。
当院では、以下のような項目について術前検査という一式の検査で実施しています。
・感染症(B型肝炎、C型肝炎、梅毒、HIV)
・末梢血一般(貧血など)
・クラミジア抗体
・水痘、麻疹、風疹抗体
・抗精子抗体
・血液型(ABO,Rh)
・肝機能、腎機能
・凝固系(血栓症や不育症に関連するもの)
・アルブミン、総蛋白、抗リン脂質抗体
・心電図、血圧
こちらは女性の検査内容です。
より詳細な情報や、男性の検査内容は以下からも確認いただけます。

http://ivf-kyono.com/medical/first.html


例えば、クラミジアの感染がある場合には、卵管の炎症が発生しやすく卵管性不妊の原因となるほか、妊娠中のクラミジア感染は、分娩時に胎児感染して、
クラミジア肺炎やクラミジア結膜炎の原因となることがあるため注意が必要です。
その他、妊娠初期の妊婦が風疹に感染することによって、新生児に様々な奇形や障害(典型的な三大症状は心奇形、難聴、白内障)をもたらすことが知られています。
抗体価が低い場合にはワクチンを接種いたしますが、ワクチン接種後は2か月間避妊しなければなりません。(生ワクチンのため)つまり、治療を進めることができないということです。もちろんこうした検査は男性に受けていただく必要もあります。

不妊治療のゴールは妊娠、そして安心、安全な出産ですから、万が一のことがないように術前の検査は欠かせないのです。

また、スクリーニング検査のうち、○○だけを受けたいというようなお声もいただきますが、当院ではお受けしておりません。セットとすることで安価になっており、別々に受けるのは患者さまにとっても不利益になることが多いと考えています。

検査の結果がでるには1週間ほどかかります。
また検査の有効期限は1年間となります。
採卵・移植には結果が出ていることが必須になりますので受診後は早い時期に検査頂くようご案内しています。
この検査の結果を参考に治療内容等を医師とご相談いただくことになります。

検査の詳しい内容は今後お知らせしていけたらと思っております。

最新記事